So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「辺野古は困難」菅首相と初会談の仲井真知事(読売新聞)

 菅首相は15日午前、首相官邸で沖縄県の仲井真弘多知事と就任後初めて会談した。

 同県の米軍普天間飛行場移設問題について、首相は、5月末の日米共同声明に基づき、同県名護市辺野古への移設を進めていく方針を伝えた。

 知事は「共同声明は遺憾だ。実現は極めて難しい」と述べ、辺野古への移設受け入れは困難との見方を示した。

 会談は、知事の上京に合わせて首相側が要請し、約30分間行われた。知事によると、会談で知事は「県民は、民主党政権が掲げた県外、国外(移設)に希望を込めていた。日米共同声明でまた辺野古へとの方向が出て、期待が失望に変わった」と述べた。首相は「日米共同声明は踏襲する」とした上で、「沖縄の負担軽減については誠心誠意取り組みたい」と理解を求めた。首相は23日に就任後初めて沖縄を訪問する意向も伝えた。

 首相は先に応接室に入って知事を待ち、会談後は、同席した仙谷官房長官らと共に官邸のエントランスホールまで知事を見送る配慮を見せた。

玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
2新党、山梨で自民候補支援=平沼氏ら「反民主」で連携(時事通信)
【風】「決して過去のことではない」(産経新聞)
無理心中で母親死なす、「介護疲れ」62歳息子(読売新聞)

新たな後発品市場の創造に自信―日医工・田村友一社長(医療介護CBニュース)

 日医工の田村友一社長は5月31日、東京都内で記者会見し、仏サノフィ・アベンティスグループと6月中にも設立を予定している新会社「日医工サノフィ・アベンティス」について、サノフィの長期収載品(後発医薬品のある先発品)を扱うほか、他の後発品メーカーが参入する前にサノフィの特許切れ製品を後発品として市場投入するなど、さまざまな可能性を検討しているなどとし、「両社の強みを生かして新たな後発医薬品市場を創造することが可能になる」と自信を見せた。


 田村社長によると、新会社では、製品をサノフィが提供し、流通を日医工が担当する。第一ステップとして、サノフィの長期収載品の睡眠障害改善薬アモバンの販売と流通を手掛ける。

 また、日医工のメリットについて、「今後は世界で競争できる企業が日本国内でも勝ち残る。グルーバルに展開するサノフィとの提携は、日本での日医工の存在感を増すことにもなり、日医工のグローバル戦略の中で確実にプラスになる」と述べた。

 さらに、「バイオ後続品は新会社と日医工グループの共同のテーマ」と位置付け、5年間で一定の成果を出すことで意見が一致しているとし、早い時期から開発に取り組んでいく姿勢を示した。

 共に記者会見に臨んだ、新会社の社長を兼務するサノフィ日本法人のパトリック・ショカ社長は、日医工との関係について、突然のものではなく、08年に抗生物質セフォタックス、09年に抗生物質ケイテンの販売移管を行いながら信頼関係を築いてきたと強調。「サノフィにとって日本での後発品事業は初めての試みだが、日医工との関係の中で、質が高く競争力のある価格の医薬品を提供できると確信している」と述べた。



【関連記事】
共同出資会社「日医工サノフィ・アベンティス」設立へ
日本の後発品市場「非常に興味ある」―サノフィCEO
バイオ後続品の共同開発で提携交渉―日医工
後発品薬価収載、新規参入はキサラタンなど5成分37品目
08年度の後発品シェアは数量ベースで17.6%―日本ジェネリック製薬協会

社民党 普天間移設の政府対処方針に反対 閣議署名も拒否(毎日新聞)
<社民党>内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」(毎日新聞)
<鳩山首相>午後にも進退協議…閣僚からは擁護論(毎日新聞)
参院選「かなり負ける可能性」=鳩山首相の続投訴え―外相(時事通信)
暴力団観戦、理事会で処分検討開始…相撲協会(読売新聞)

宮川大助、花子さん 米子で大山ウオークPR(産経新聞)

 お笑いタレントの宮川大助、花子さんらが26日、鳥取県米子市を訪れ、今年で10周年を迎える「大山と遊ぼう!大助・花子の健康ウオーキング大会」をPRした。秋の大山を宮川さん夫妻と歩く大会は平成13年から続けられており、今年は10月2日に開かれる。

 長女のさゆみさんや弟子らと同市役所を訪問した大助さんは、野坂康夫市長らに「大会の時期にはコスモスの花がきれいで、この10年本当に楽しんだ」と語り、脳梗塞(こうそく)で倒れた19年には参加できずにバスで待機したエピソードを披露。花子さんも「みんなが『おかえり』と迎えてくれるのがうれしい」と話した。

 大会は、12年に起きた県西部地震の被災者を元気づけようと、同県境港市出身の大助さんが提案。賛同した自治体や企業などが実行委を結成して開いている。

 今年は、例年の10キロ、4・5キロの2コースに加え、2・5キロコースも新設。9月24日までに申し込めば参加費2千円。当日参加は2500円。問い合わせは大会実行委((電)0859・37・2311)。

【関連記事】
城東署一日署長の宮川花子さん、高齢者交通安全大会に参加
鬼太郎たちが中部空港に 鳥取県が観光宣伝活動
鳥取砂丘 「砂の惑星」に降り立った
「男女平等度」1位鳥取、最下位は埼玉!? 東北大教授が算出
住雲寺のフジ見ごろ 鳥取県大山町
虐待が子供に与える「傷」とは?

辺野古移設、断じて反対=福島社民党首(時事通信)
黄色ブドウ球菌退治に期待=別種細菌の酵素―慈恵会医大(時事通信)
奈良の鹿にも口蹄疫の危険性、見回りで監視(読売新聞)
詐欺 ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発(毎日新聞)
北日本太平洋側、大雨恐れ=大しけにも注意―気象庁(時事通信)

「知事会仕分け発言は的はずれ」埼玉知事が批判(読売新聞)

 埼玉県の上田知事は、11日の定例記者会見で、国の行政刷新会議メンバーの片山善博・前鳥取県知事が4月、全国知事会を事業仕分けの対象にすべきとした発言を取り上げ、「国から補助金が出ているわけでも何でもない。全く的はずれ」と批判した。

 知事会に対しては、総務省OBの天下り先になっているなどの批判があるが、知事は「地方運営に熟知された方を迎えることは天下りではない」と反論。片山氏の行政改革能力にも触れ、「鳥取県職員の人数は対人口比で、埼玉の4倍。あの人だけには言われたくない」と述べた。

<スーツケース遺体>飯沼容疑者を起訴…金沢地検(毎日新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
運輸局に「仮の認可」命じる=MKの割安運賃で−福岡地裁(時事通信)
【宮家邦彦のWorld Watch】普天間問題 意思決定能力の劣化(産経新聞)
小沢氏、聴取応じる意向 「陸山会」政治資金規正法違反、元秘書3人も(産経新聞)

水上バイク事故 3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)

 千葉県警香取署などに入った連絡によると、5日午後1時15分ごろ、茨城県神栖市太田の常陸川大橋近くの利根川で水上バイクに乗っていた4人が事故に遭った。3人は心肺停止状態で、茨城県内の病院に搬送された。女性1人の行方が分からなくなっており、同署は捜索を続けている。現場は千葉県と茨城県の県境。

官房長官が徳之島町議と会談へ 首相は「できる限り」と5月決着公約を格下げ(産経新聞)
民主、地方議員も与党ボケ? 批判ほぼなし(産経新聞)
<寂光院>放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)
「迷子」→「拾得物」→「脱走」…お騒がせクジャクを再捕獲 千葉県警八千代署(産経新聞)
学校の認識不十分 江戸川虐待死 都審議会が最終報告(産経新聞)

谷垣総裁もツイッター、党首討論へつぶやく(読売新聞)

 自民党の谷垣総裁は20日、インターネットの簡易投稿サイト「ツイッター」への書き込みを始めた。

 21日の鳩山首相との党首討論に向けた意気込みをつぶやいている。

 谷垣氏は「今の内閣は『普天間問題』や『政治とカネ』、『マニフェスト違反』などあまりにも大きな問題を残している」と指摘。「明日は皆さんの声を背に気合を入れて問題点をただしたい。応援よろしくお願いします」とつづった。

気象庁「ナウキャスト」来月稼働 竜巻・雷10分刻みで予報(産経新聞)
「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴−水戸地裁支部(時事通信)
<掘り出しニュース>ツイッターで鬼ごっこ ケータイ手に子供ら奔走−−魚町銀天街(毎日新聞)
コピー用紙単価、自治体で最大2・5倍の差(読売新聞)
宝塚市のキリスト教会でも消火器投げ込まれる(産経新聞)

ES細胞で動脈作られる仕組み発見 京大研究チーム(産経新聞)

 体内で動脈がつくられるメカニズムを、京都大学再生医科学研究所の山下潤准教授(再生医学)と山水康平研究員(同)らの研究チームがマウスのES細胞(胚性幹細胞)を使って遺伝子レベルで解明し、20日(日本時間)付の米科学誌「ジャーナル・オブ・セルバイオロジー」に掲載された。ヒトES細胞やiPS細胞で血管を再生する治療法の開発につながりそうだ。

 研究チームは平成18年に開発したマウスES細胞を利用し、マウスES細胞から動脈を作成。細胞中で働くタンパク質や遺伝子の様子を詳しく解析した。

 その結果、細胞内にある主に心臓などの臓器を発生させるタンパク質と、主に神経を発生させるタンパク質が同時に活性化し、2種類のタンパク質の働きが強まることで、細胞中の動脈をつくる働きのある遺伝子が活発化することが判明。活性化した遺伝子が動脈を作成する様子も観察できた。

 研究チームは「ヒトの体内にも同じタンパク質や遺伝子があり、同様の仕組みが働く可能性が高い。ES細胞やiPS細胞から動脈をつくるには今より効率の良い方法が必要で、その方法を見つけるきっかけになった」としている。

【関連記事】
iPS細胞使用の倫理性について論説発表 京大准教授ら
iPS細胞からの精子・卵子作製を解禁へ 文科省専門委が指針案
ES細胞13種類の利用を承認 米国で解禁後初
万能細胞から心筋細胞を選別・移植 慶応大が新手法、再生医療へ期待
再生医療に応用、心筋細胞判別の目印を物質 国循チーム

<チューリップ>春の香、満喫 三重・桑名(毎日新聞)
八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)
民主の渡部氏が「政局を迎えた」 と、鳩山政権の先行きに強い危惧(産経新聞)
<雑記帳>「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
米大統領「5月末決着」厳しく迫る…非公式会談(読売新聞)

シャッター修理業の兄弟、技術悪用して事務所荒らし 大阪府警が最終送検(産経新聞)

 大阪、兵庫両府県で事務所荒らしなどを繰り返したとして、大阪府警捜査3課は15日、窃盗などの疑いで、いずれもシャッター修理業、藤巻昇(40)=窃盗罪などで公判中、大阪府茨木市=と、弟の橋本太(36)=同、神戸市中央区=の両被告を逮捕、最終送検したと発表した。43件の犯行を裏付け、被害総額は約1400万円にのぼるという。

 逮捕・送検容疑は、平成21年7月31日未明、兵庫県尼崎市の会社事務所に侵入し、現金約4万円を盗むなど、18年5月〜21年8月、建設会社や酒屋などの事務所荒らしや金庫破りを繰り返したなどとしている。

 府警によると、2人はシャッターの修理技術を悪用し、会社事務所のシャッターをバールで巧みにこじ開け侵入したケースもあり、「実際にシャッターを修理した事務所に窃盗に入ったこともある」と供述。怪しまれないように現場には作業服で行き、家族にも「仕事に行ってくる」と説明していたという。

【関連記事】
逃走中3人ひき逃げ死、同乗ブラジル人初公判 車窃盗未遂認める
職場金庫から200万円盗む JA職員逮捕、群馬県警
窃盗容疑で20歳の陸士逮捕 ネットカフェで財布
大阪でまた「カラカラ盗」 下車確認中にベンツ被害
沖縄で外国人が釣り銭盗む 基地内へ逃走、軍関係者か

阿久根市長ブログ「カネに汚い例」裁判官批判(読売新聞)
子ども手当、来年度から満額を 民主党分科会が素案(産経新聞)
福山市立大など10校の設置を諮問(産経新聞)
内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持−時事世論調査(時事通信)
消費税、14日に議論=逆進性対策などテーマに−税調専門家委(時事通信)

男女平等度ランキング、鳥取1位・埼玉最下位(読売新聞)

 東北大の吉田浩教授(公共経済学)は9日、都道府県別の「男女平等度」ランキングを発表した。トップは鳥取県で、最下位は埼玉県だった。

 吉田教授によると、男女平等に関する国際比較はあるが、都道府県別の比較は初めてという。

 調査は、男女平等の先進国として知られるノルウェーの統計局が採用している「男女平等度指数」の推計手法に基づいて行った。都道府県ごとに、女性の大卒者数や議員の割合、給与水準など、9項目について4段階で指数化し、平均値で順位を付けた。

 その結果、働く女性の割合など4項目で最高評価を得た鳥取県がトップ。反対に、男性に比べた女性の給与水準など4項目で最低評価となった埼玉県が最下位に。東京都は沖縄県と並び6位。地方別では中国、四国、関西、中部が高く、九州、東北、北海道が低い傾向が見られた。

 吉田教授は「『かかあ天下』と言われる群馬県が30位になるなど、イメージとは違う結果もあった」としている。

新党たちあがれ日本「期待しない」76%(読売新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第(毎日新聞)
長崎の「被爆マリア像」初めて米国へ(読売新聞)
視覚障害者に2人乗り自転車を、平城宮跡サイクルフェス(産経新聞)
「国境なき東大生に」=入学式で浜田学長(時事通信)

雑記帳 笑いで街を活性化…落語家が街頭でPR 大阪(毎日新聞)

 今月28〜30日に大阪・ミナミの7会場で繰り広げられる「第1回上方落語まつりinミナミ」を盛り上げようと、笑福亭銀瓶さんら落語家20人が8日、心斎橋からなんばまでを練り歩いた。

 吉本興業、松竹芸能、米朝事務所が初めてタッグを組み、商店会も「笑いで街をにぎやかに」とバックアップ。桂吉弥さんは「初めて聴く方もどんどん来てください」とした。

 大阪松竹座前では桂文三(ぶんざ)さんが謎かけを披露。「ミナミとかけまして、満塁ホームラン2本とときます。そのこころは、ハッテン間違いなし!」【油井雅和】

【関連ニュース】
雑記帳:八光さんらが「落語まつり」の宣伝隊結成 大阪

大型トラック正面衝突、双方の運転手死亡(読売新聞)
<足利事件>捜査チェック不十分…最高検報告書(毎日新聞)
子ども手当支給 家庭環境で左右(産経新聞)
<動物死骸>葬祭業の元町議を逮捕 不法投棄容疑で埼玉県警(毎日新聞)
日航ジャンボ貨物機、整備士が接触を隠して修理 (産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。